ヤマイママとマメ3つ

子宮頸がん・全前置胎盤・アレルギーなど数多くのヤマイと戦うヤマイママと家族の記録

二人目不妊だった話

こんばんは(^∇^)ノヤマイママこと宇佐文伽です。

うさみーとかささみーとかテキトウに呼んで下さいね/(・x・)\

 

今日は子宮頸がんの手術の後、3年も子供が出来なかった話です。手術との因果関係はわかりませんが担当医はストレスがかかちゃったのかな?と言っておりました。

確かに当時そうでしたわー。と思い出しながら書いて行きたいと思います。

f:id:usafumi:20180306000416j:plain

 

2人目不妊ではないかという疑いの始まり

子宮頸がんの術後から、どうも生理の様子が変わりました。だらだら長く続くようになったのです。

術後1年位たって、そろそろ真面目に2人目が欲しいなと思いましたがなかなかできませんでした。毎月生理が来た時はとても憂鬱になりました。

子宮頸がんの定期検診の時に、担当医にその事を相談しました。そして血液検査をすることになりました。

ただ、この血液検査は時期がとても重要で、排卵から約1週間後の黄体期に合うように計算して、血液検査を受けました。

血液検査の結果、プロゲステロンという黄体ホルモンが異常に少ない事が分かりました。妊娠に必要な数値が10だとすると1くらいしかなかったんです。

それにより、生理も長引きダラダラ続くようになっていたようでした。この日から「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」という漢方と、毎朝基礎体温をつけるように指導があり、毎日基礎体温をつけるようになりました。

漢方薬は2カ月続けましたが、味が苦手なのと効果も感じられなかったので中止しました。基礎体温は妊娠するまで続けていました。

 

担当医に不妊治療専門の病院をススメられたけど。

基礎体温のグラフもギザギザして綺麗な2層別れておらず、漢方薬も効果を感じられず半年ほどたった頃でしょうか。2回目の黄体ホルモンの検査を受け、やはり結果が良くなかったのです。

不妊治療専門の病院を受診する事をススメられました。担当医は子宮頸がんの手術を担当してくれた医師でもあったので、2人目を希望するならば、万が一再発の事を考えて早めの方が良いと言ってくれていました。

大阪の難波にある有名な不妊治療専門の病院に、担当医の元上司が勤務しているのでそこも候補にあがったのですが、どうも本格的な不妊治療には踏み切れませんでした。

金銭的な面でも気になりましたし、タイミングで駄目だったら2人目はもう諦めようかなという気持ちがありました。なので紹介状をもらわず基礎体温だけ続けて約2年経ちました。

 

思い詰める事をやめたら…

たまたま不正出血で近くの不妊治療もやっている婦人科を受診した時に、基礎体温グラフも持参して相談した事もありまいしたが、その時は基礎体温の表と内診やエコーを見ながら「妊娠できる状態だと思いますよ」と言って貰えたので、その時にはだいぶ回復していたのかな?と思います。

 

念願の第2子妊娠

長男を産んでから5年。その間に蕁麻疹で入院と、子宮頸がんで入院と2回入院していて、黄体ホルモンが足りない。不妊だと言われて約3年。タイミングでやっと第2子を授かる事ができました。

今思えば、この娠した時の前月の基礎体温グラフはかなりギザギザも少なく、2層に近い状態でした。長男と長女は6歳も歳が離れてしまいましたが、離れている事で良いこともたくさんあります。3年くらい離れて欲しいなーなんて思っていんですが、授かっただけで感謝感謝ですね。

 

妊娠の為に私がしたこと

妊娠の為に努力した事といえば、基礎体温をつける事と仕事をセーブした事。あとは冷え取りの靴下(シルクと綿の重ね履き)を履くようになった事でしょうか。料理が苦手なので食べ物まで気をつけたりはしていなかったです。

やっぱり1番の原因はストレスだったんじゃないかな?と思います。当時は絶望的に合わない社員とのゴタゴタや会社ぐるみで裁判にまでなったりして、いやぁ。ストレスマックスでした。今でもトラウマ的に名前とか場所とか避けてます。なので仕事をセーブしたのが1番効果があったかなと思います。

 

ストレスが1番の敵だった!?

また、2人目不妊って事自体もストレスになってしまっていたと思う。毎月生理にガッカリしたり、少し遅れたらフライングで妊娠検査薬試してまたガッカリしたり。あと半年も続いていたら鬱になっていたんではなか?と思います。

妊娠、出産して、基礎体温はつけなくなってしまったんですがPMS(生理前症候群)が気になってきたのでまたつけようかなーと少しだけ思っています。きっと切羽詰まるまでやらないんだろうな|ω・`)

そしてこの2人目妊娠がまた長い長いヤマイ歴のはじまりなのでした…。それはまた別の機会にお話しますね。

 

子宮頸がん円錐切除術後でも妊娠出産は可能!

以上が私の2人目不妊だった時のお話でした。自然な妊娠を希望していたので、特に真面目に治療していたわけではないのですが、子宮頸がんからの不妊→出産という珍しい流れなので記事に残しておきます。

もちろん同じような子宮頸がん円錐切除術を受けた人でも普通に妊娠して出産している人がたくさんいますので、子宮頸がんで今悩んでいる人も気にしないで下さいね。もし術後おかしいな?と思ったらなんでも医師に相談した方が良いですよ。

 

今回も長い長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。次回もよろしくお願いします!

 

次は1度書いたのに消えてしまった親知らずを抜いた話かな。蕁麻疹の話かな。また見に来て下されば嬉しいです。